障害をもつ方への生活介護 就労支援 共同生活支援

NPO法人いるか福祉会

ホーム > 福祉・介護職員等特定処遇改善加算に係る情報公開

福祉・介護職員等特定処遇改善加算に係る情報公開

令和元年10月から、現行の福祉・介護職員処遇改善加算(以下、「処遇改善加算」)に加え、障害福祉人材の更なる処遇改善を行い、積極的に資質の向上とキャリア形成を図り、リーダー級人材について他産業との遜色ない賃金水準を目指し、職員の確保・定着につなげていくため、「福祉・介護職員等特定処遇改善加算(以下「特定加算」」が創設されました。

いるか福祉会においても、処遇改善加算に加え特定加算を取得しました。
賃金以外の処遇改善に関する主な取組内容は以下の通りです。

資質の向上

  • 介護福祉士等の資格取得を目指す職員への実務者研修受講の支援
  • 人材育成会社に一般職員を対象とした「スキルアップ研修」、主任職員以上を対象とした「リーダー研修」を委託し、職員のモチベーション向上
  • 地域の障害福祉サービス事業所との合同研修会を開催し、他事業所との意見交歓会等の実施

労働環境・処遇の改革

  • 職場内でのミーティング等を実施し、職員間のコミュニケーションの向上
  • 新人職員等に対する支援・相談等を実施
  • 雇用管理改善のため、管理者等が労働基準監督署等が主催する研修会等に参加して、「働きやすい職場づくり」の実現化
  • 子育てや介護を抱える職員への育児休業、介護休業の創設

職場環境要件(その他)

  • 非正規職員から正規職員への転換を行っています。